【実録】FUJI Wifiの契約と解約〜要注意ポイントを整理します。解約時はSIM返却必須(実費)

Posted by 雅楽斎 on Thursday, July 16, 2020

TOC

2019年4月利用開始、2020年6月利用終了

レンタルWifFiサービスとしてはサービス開始が古い方に入るFUJI Wifiですが、1年超のサービス利用を以て今回解約したので、契約から解約までの手順を記載します。

なお、利用期間は2019年4月から2020年6月なので、契約時の情報(特に画面)は2019年3月、解約時の情報は2020年6月のものになります。

契約プランについて

契約は、SIMのみプランの100GB、おまとめ払い13ヶ月です。おまとめ払いが終わった後、そのまま2ヶ月契約を続けていました。

イベント(カレンダーに登録推奨)

FUJI Wifiに限らず、通信系のサービスは「いつまでに何をしないと額面通りの料金で利用できない」というのが常態化しており、不要な料金を払わずに済むようにするため、契約前から解約後までの間、いつ何をすれば良いかというのを私の場合で纏めました。

契約時イベント

契約時イベント

契約時に気をつけることは利用開始日の確認と月額オプション(安心サポート)の解約のみです。1日と16日を利用開始日にできますが、1日開始の場合を例として記載しています。余裕を見て申し込めば到着日が利用開始日になるので、使い始めのタイミングで月額オプションの解約をするのが良いでしょう。(解約方法は後述)

おまとめプラン終了時イベント(解約する場合)

おまとめ終了

おまとめプランの場合、期間終了とともに契約終了すれば、返送以外に費用が一切かかりませんので、キリ良く契約終了するのも一つの手かと思います。契約終了する場合は契約終了月の15日までに解約申し込みをする必要があります。解約しない場合は契約が自動的に延長されます。レンタル品は翌月3日までに返送する必要があります(詳細は後述)

但し、よくある携帯電話やWiMAXサービスの様に解約月以外で解約すると9800円追加で費用を徴収されるような違約金ビジネスはなく、納得していれば単月料金のみで使い続けることが可能です。そのあたりは良心的だと感じました。

Biglobe WiMAXの退会記録(電話かけないと解約できません)

解約時イベント

解約

単月契約の場合や、おまとめプランの満了期間で解約しなかった場合の解約時イベントはこちらです。とは言っても、内容はおまとめプランの解約の場合と全く同じで、利用終了月の15日までに解約申し込み、レンタル品は翌月3日までに返送が必要です。

安心サポートについて

FUJI Wifiではレンタル品に何かあった場合の再発行費用やアンチウィルスソフトの使用権を月額払いする安心サポートPremium for SIMが契約時に必須になっており、月額払いをやめる場合は契約後にオプトアウトする必要があります。必要ない場合は解約を忘れない様にしましょう。(詳細は後述)

契約(2019年4月利用開始)

アカウント作成

FUJI Wifiの申し込みはFUJI Wifiのアカウント作成が必要です。サイトにアクセスします。

FUJI Wifi 公式サイト|モバイルWifiルーター、SIM

FUJIWifi(フジワイファイ)は、わざわざお店に行かなくてもWebから簡単にお申込みできるモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスです。FUJIWifiは、契約期間の長期縛りなし。お手元に届いたその日からすぐ使えるので面倒な工事や配線もありません。SIMカード単体のレンタルプランもございます。高速かつ簡単にスマホ・PC・タブレットなども複数台接続してご利用できる優れものです!

下の方に移動して

【会員登録はコチラ】をクリックします。

諸々の情報を入力していき…

入力内容を確認します。

アカウント作成が終わったので、ログインして契約する商品を選択します。

プラン選択・申し込み

ログインするといくつかメニューがあるので、「新規お申し込み」を選択します。

「機器の追加契約」を選択します。

必要な情報を入力します。

必要な箇所を入力し、確認画面へのボタンを選択します。

金額確認

内容の確認画面です。クーポンコードの入力で手数料無料キャンペーン期間中だったので、契約事務手数料の2000円が引かれています。

契約完了

契約が完了しました。

到着

申し込んだSIMは利用開始日指定(2019/04/01)で届きました。

利用開始日に到着

SIMはこの金色のカードケース/名刺入れに入っています。SIM以外にSIMピン、アダプターも入っていますが全て貸与品で返却する必要があるので、大事に取っておきましょう。

返却しないと880円かかります

同梱される貸与物はSIMの場合は

  • SIMカード
  • SIMピン
  • nano SIM(4FF)→micro SIM(3FF)アダプター
  • nano SIM(4FF)→mini SIM(2FF)アダプター
  • micro SIM(3FF)→mini SIM(2FF)アダプター
  • ケース

正直、nano SIMのレンタルなのになんでmicro SIM→mini SIMの変換アダプターが入っているんだろうと思いました。必要ないのに。

オプション確認(・解約)

申し込み時に必須だったSIMの水没・紛失やアンチウィルスソフトの使用権が付いてくる安心サポートを解約します。

申し込み直後の状態

安心サポートの申し込み状態の確認は、マイページの「機器保証サービス」→「安心サポートの申込/確認」で行います。

オプション確認

利用開始日よりも前に確認しましたが、こうなっており対応する機種名がありませんでした。

利用開始日を過ぎるとこうなっているので、さっくり解約します。必要ない場合は利用開始月の24日までに解約すれば、1ヶ月分の料金のみで済みます。

オプション解約

なお、間違って解約ボタンを押してしまっても2回も考え直すチャンスがあるのでどんどん解約しましょう。

解約確認(1回目)

解約確認(2回目)

オプション解約完了

解約(2020年6月利用終了)

私の場合、100GBのSIMの13ヶ月おまとめプランだったので、当初の契約期間満了月は2020年4月でした。おまとめプランの場合に契約期間を満了するとどうなるかというと

  • 解約しなければ契約は継続
  • 支払いは単月のみ、利用料金は申込み時の1ヶ月分の料金が毎月クレジットカード請求

となります。私の場合、この月額の支払い料金がこの時行われていたキャンペーン価格より高かったので、お得じゃないなぁと感じて最終的に6月いっぱいで利用を終了しました。

解約時に確認すること

  • 利用終了日は月末のみで、月途中の解約はできない
  • 解約は当月15日までにマイページから行うことが必要
  • 16日以降に解約手続きをすると翌月末の解約しかできない
  • 解約翌月以降に100MB以上データ通信をした場合、利用料金1ヶ月分請求
  • 解約月の翌月3日までにレンタル品を追跡可能な方法で返却(消印ベース)しないと違約金請求なので、レンタル品を返却するまで解約できない

なので、解約月の月末〜翌月3日に返送作業ができそうもない場合等は1ヶ月後ずらしした方が安く済む可能性があります。そうならないようにするため、解約月に入ったら速やかにレンタル品の返却準備をしましょう。

解約失敗談(「あれ?SIMの変換アダプター足りないじゃん。」)

散々偉そうにここまで書いてきましたが、何を隠そう私もFUJI Wifiの解約で失敗している部分があります。

2ヶ月利用を延長したのは問題ではありませんが、解約後の返送を準備していて…

足りない!(足りてる)

足りない…使ったまま行方不明になったかな…と思い込んでしまい、880円は諦めるか…と思ったので、クリックポストにSIMだけ貼り付けて返送しました。

これを

こう

で、契約時の顛末もこのblogに書いてなかったので一緒に纏めとくか〜と思いながら改めて契約時の画像を確認してたらSIM変換アダプターは元々なかったことに気付くというオチです。

負け惜しみを言うなら、SIM以外のSIMピンとアダプターは持ってるので、最初から送ってもらわないオプションがあったらなぁと思いましたが、FUJI Wifiはここでも運営費を捻出してると思うのでサービスを使う以上は仕方ないなと思うようにしました。

解約後、追跡番号入力

解約手順については画像を取り忘れてしまったため、解約後、返送後の追跡番号の入力です。これも解約月の翌月3日までに済ませましょう。

マイページにログインします。

ログイン

「解約手続き」→「レンタル機器の解約」を選択します。

レンタル機器の解約

解約申請端末、使用した配送方法、追跡番号を選択・入力します。

確認画面です。この入力内容は登録メールアドレスにも送られてきます。

請求(レンタル品不足)

SIM以外の一式を送らなかったので、880円がクレジットカードに請求されました。

880円請求

以上です。様々な罠はありますが、きちんと準備できれば追加での費用は返送時の送料のみになるので、賢く使いましょう。

スポンサーリンク


comments powered by Disqus