GalliumOS3.0(Ubuntu 18.04ベース)をインストールしたAcer Chromebook C720にWine5.0をインストールしようとしたら大変だったのでパッケージの備忘録

Posted by 雅楽斎 on Saturday, February 22, 2020

TOC

Wineのバージョン5が2020年1月にリリースされたので、GalliumOS 3.0にWine5の環境を構築します(色々大変でした)

前提:Ubuntu向けのパッケージ事情とWineHQのPPA追加

UbuntuではuniverseとしてWineのパッケージが収録されています。

Ubuntu – Details of package wine-stable in bionic

Ubuntu – Details of package wine in eoan

Ubuntu – Details of package wine in focal

  • 18.04向けのWineのバージョンは3.0.1
  • 19.10向けのWineのバージョンは4.0.2
  • 20.04向けのWineのバージョンは5.0

今回はGalliumOS3.0で動かしたいので、WineHQが配布するパッケージを使用します。

まずはパッケージを利用できるように以下を実行してPPAから取得できるようにします。1

Ubuntu - WineHQ Wiki

# wget -qO - https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key | apt-key add -
# dpkg --add-architecture i386
# apt-add-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ bionic main'

利用できるパッケージを確認します(量が多いので重要なものだけ)。なお、19.10のパッケージも扱えるようにしてるのでeoanも表示されます。

【非推奨】Ubuntuで一部のパッケージだけ将来のリリースから持ってくる

$ apt-cache policy wine-stable
wine-stable:
  Installed: (none)
  Candidate: 5.0.0~bionic
  Version table:
     5.0.0~bionic 990
        990 https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu bionic/main amd64 Packages
     4.0.3~bionic 990
        990 https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu bionic/main amd64 Packages
     3.0.5~bionic 990
        990 https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu bionic/main amd64 Packages
     3.0.1ubuntu1 500
        500 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu eoan/universe amd64 Packages
        500 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu eoan/universe i386 Packages
     3.0-1ubuntu1 990
        990 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/universe amd64 Packages
        990 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/universe i386 Packages

WineHQの5.0.0~bionicを使う方向で作業します。また、/etc/apt/sources.list.d/eoan.listは以下の通り、i386のパッケージも取れる様にしています。

deb [arch=amd64,i386] http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ eoan main universe

パッケージのインストール

18.04ベースですが19.10のパッケージが必要となる環境だったため、こちらでは以下のコマンドでパッケージしました。素直にwinehq-stableパッケージをインストールできる場合は依存パッケージのインストールは不要です。

# apt-get install --install-recommends winehq-stable

依存性の解決でエラーが出た場合は以下を実行します。環境によってはamd64側のパッケージも指定する必要があるかもしれません。

依存パッケージのインストール(2020/02/22時点)

# apt-get install --install-recommends winehq-stable \
wine-stable-i386:i386=5.0.0~bionic \
libva-drm2:i386=2.5.0-1 \
libva-x11-2:i386=2.5.0-1 \
libvdpau1:i386=1.2-1ubuntu1 \
libfreetype6:i386=2.9.1-4 \
libfontconfig1:i386=2.13.1-2ubuntu2 \
libglib2.0-0:i386=2.62.1-1 \
libgsm1:i386=1.0.18-2 \
libmp3lame0:i386=3.100-2build1 \
libcroco3:i386=0.6.13-1 \
libgdk-pixbuf2.0-0:i386=2.40.0+dfsg-1build1 \
libfribidi0:i386=1.0.5-3.1 \
libdatrie1:i386=0.2.12-3 \
libthai0:i386=0.1.28-3 \
libpango-1.0-0:i386=1.42.4-7 \
libgraphite2-3:i386=1.3.13-8 \
libharfbuzz0b:i386=2.6.1-3 \
libpangocairo-1.0-0:i386=1.42.4-7 \
libpangoft2-1.0-0:i386=1.42.4-7 \
librsvg2-2:i386=2.44.14-1 \
libshine3:i386=3.1.1-2 \
libgomp1:i386=9.2.1-9ubuntu2 \
libsoxr0:i386=0.1.3-1 \
libtwolame0:i386=0.3.13-4 \
libwavpack1:i386=5.1.0-7 \
libnuma1:i386=2.0.12-1 \
libzvbi0:i386=0.2.35-16 \
libavcodec58:i386=7:4.1.4-1build2 \
libsdl2-2.0-0:i386=2.0.10+dfsg1-1ubuntu1 \
libnettle6:i386=3.4.1-1 \
libhogweed4:i386=3.4.1-1 \
libp11-kit0:i386=0.23.17-2 \
libtasn1-6:i386=4.14-3 \
libgnutls30:i386=3.6.9-5ubuntu1

日が経つとパッケージのバージョンが合わなくなりますので、それぞれ19.10(eoan)のパッケージで置き換えて下さい。

バージョン確認

$ wine --version
wine-5.0

スポンサーリンク


  1. wine-stableの依存パッケージにwine-stable-i386が指定されているためdpkg –add-architecture i386が必要です。 [return]

comments powered by Disqus