楽天モバイルのMNOサービス開始&料金プラン改善発表。これならおすすめできる人が増えますね。SIMも到着したので使ってみた結果も報告(失敗)

Posted by 雅楽斎 on Wednesday, April 8, 2020

TOC

個人的には応援していながらもかなり辛口の評価をしていた楽天モバイルのMNOサービス。

ついに発表された楽天のMNOサービスプラン。詳細まで纏めたらオススメできる人は相当絞られる結果に。

サービス開始となった本日2020年4月8日、料金プランの変更が発表されました。内容改善でありがたいです。

2020/04/08発表の料金プラン変更点

Rakuten UN-LIMIT | 楽天モバイル

楽天モバイル料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」。300万名様対象で月額2,980円が一年無料。楽天回線エリア完全使い放題、Rakuten Linkアプリで国内通話かけ放題。海外でもおトクに。

変更点は以下の通りです。

変更内容発表済み内容
プラン料金2980円/月(税別)
国内データ通信
(楽天回線エリア)
完全データ使い放題
国内データ通信
(パートナーエリア)
データ容量5GBデータ容量2GB
パートナーエリア
容量消費後通信速度
最大1Mbps最大128kbps
海外(66カ国・地域)データ容量2GB
Rakuten Link
(国内通話)
通話かけ放題(楽天回線エリア・パートナーエリアとも)
Rakuten Link
(海外通話)
海外→国内通話 かけ放題
国内/海外→海外通話 980円/月
Rakuten Link
(SMS)
国内・海外使い放題
事務手数料3300円(税込)
SPU楽天スーパーポイントアッププログラム+1倍

変更が発表された項目については①auエリア(LTE Band18/26)でのデータ通信容量が月間5GBになったことで、多少は月額料金の割高感が消えたこと、②auエリアのデータ5GB消費後の通信速度が最大1Mbpsになったことで、保険のような意味合いでそれほど利用を気にせずに使えるようになったと思います。

これなら(常時auエリアで使用する場合を除けば)選択肢の一つとしてオススメしてもいいかな?と思えるようになりましたね。

また、これで(新規契約の場合ドコモ回線は選べなくなりましたが)au回線を使った場合のMVNOのスーパーホーダイ互換相当の料金プランとなりました。

料金プラン以外の変更点

フェムトセル型基地局 Rakuten Casa発表

Rakuten Casa | 楽天モバイル

屋内に楽天回線を構築し、通信環境の改善にご利用いただける小さな4G基地局「Rakuten Casa」についてご案内します。

出力の小さな基地局としてナノセル、ピコセルといった呼び方がされることがありますが、ピコセルよりもさらに小さな出力の基地局としてフェムトセルと呼ばれる基地局は数メートル〜数十メートルといった非常に狭い範囲をカバーする基地局で、特に電波の届きにくい場所を圏内にするためのソリューションとして使われます。

他方デメリットとしては、出力が小さいこと、一般のインターネット回線を使用することが多いため、その回線の他の通信量と兼ね合いになるため、通信速度が遅くなることや、回線の安定性が保証されないという側面があります。

とはいえ、ゼロベースで基地局を建てていくことで十分なエリアを確保することが難しいことが予想される楽天モバイルの場合はエリアを十分に拡大するまではエリアの狭さを補う施策として有効化と思います。

個人の設置条件としては楽天ひかり契約者のみとなっていますが、インターネット回線を分け与えてもいいという楽天ひかり契約者が多くいればその分楽天モバイルの通信エリアが広がるということなので、設置する人がいればありがたいですね。

契約事務手数料は税込3000円ですが、設置確認完了後に3000円相当の楽天ポイントが還元されるので、有効に楽天ポイントを使える方であれば実質のイニシャルコストは非常に低く済みますが、電気代は設置者の負担となります。

SIM到着、開通したかったが(手持ちのスマホでは)できず

SIMが届きました

内容物はスタートガイドとSIMの入った紙ケースです。

スタートガイドはMNP転入の場合と新契約の場合とに説明が別れていますが、my楽天モバイルと通話・SMS・RCSアプリであるRakuten Link以外はこれといって特別な説明はありませんでした。

SIMの紙ケースはこんな風になっていて、海外でプリペイドSIMを契約する時に一般的な2FF/3FF/4FF1を手元で選択できるパッケージです。

手元のSIMロックフリースマホでは開通せず、モバイルルーターであるNEC MR05LNで使用開始

試行錯誤した結果は後述しますが、手持ちのスマホでは開通しなかったため、手持ちのモバイルルーターであるMR05LNで仕様を開始しました。なお、APNの設定値は

  • APN rakuten.jp

のみです。

平日午後8時台のSPEEDTESTの結果は以下のとおりです。ブロードバンド回線として普通に不満なく使える速度は出ていると思います。

楽天モバイルの対応機種ではないSIMロックフリーのスマホで使えず…

SIM自体は認識される

既に1枚SIMを挿している手元のスマホに挿してみたところ、認識はされます(Rakutenは自動で表示されます)

APN設定しても繋がりませんでした。単純に電波が届いてない可能性もあります。ちなみに*#*#86583#*#*で使えるようになるというのも見たんですが、これはVoLTEを有効にする設定なのでもしかしたらVoLTEが使えるSIMロックフリーのスマホなら使えるのかもしれません。

当面我が家ではモバイルルーター以外では出番がなさそうなのが現状です。使い放題回線なのはありがたいですがちょっと残念。

スポンサーリンク


  1. 2FFは標準SIM、3FFはMicro SIM、4FFはNano SIMと呼ばれます [return]

comments powered by Disqus