脱Microsoft。超巨大研究所CERNの本気の乗り換え先は。

Posted by 雅楽斎 on Friday, January 31, 2020

TOC

Migrating to open-source technologies

The Microsoft Alternatives project (MAlt) started a year ago to mitigate anticipated software license fee increases. MAlt’s objective is to put us back in control using open software. It is now time to present more widely this project and to explain how it will shape our computing environment. Background Over the years, CERN’s activities and services have increasingly relied on commercial software and solutions to deliver core functionalities, often leveraged by advantageous financial conditions based on the recognition of CERN’s status as an academic, non-profit or research institute. Once installed, well-spread and heavily used, the leverage used to attract CERN service managers to the commercial solutions tends to disappear and be replaced by licensing schemes and business models tuned for the private sector. Given the collaborative nature of CERN and its wide community, a high number of licenses are required to deliver services to everyone, and when traditional business models on a per-user basis are applied, the costs per product can be huge and become unaffordable in the long term. A prime example is that CERN has enjoyed special conditions for the use of Microsoft products for the last 20 years, by virtue of its status as an “academic institution”. However, recently, the company has decided to revoke CERN’s academic status, a measure that took effect at the end of the previous contract in March 2019, replaced by a new contract based on user numbers, increasing the license costs by more than a factor of ten. Although CERN has negotiated a ramp-up profile over ten years to give the necessary time to adapt, such costs are not sustainable. Anticipating this situation, the IT department created the Microsoft Alternatives project, MAlt, a year ago. MAlt’s objective The initial objective was to investigate the migration from commercial software products (Microsoft and others) to open-source solutions, so as to minimise CERN’s exposure to the risks of unsustainable commercial conditions. By doing so, the laboratory is playing a pioneering role among public research institutions, most of whom have recently been faced with the same dilemma.  MAlt is a multi-year effort and it will now enter a new phase with the first migrations. The project’s principles of engagement are to: Deliver the same service to every category of CERN personnel Avoid vendor lock-in to decrease risk and dependency Keep hands on the data Address the common use-cases Coming in 2019 The first major change coming is a pilot mail Service for the IT department and volunteers this summer, followed by the start of CERN-wide migration. In parallel, some Skype for Business clients and analogue phones will migrate to a softphone telephony pilot. Many other products and services are being worked on: evaluations of alternative solutions for various software packages used for IT core services, prototypes and pilots will emerge along the course of the next few years. How will MAlt impact you and how to contribute? You will find all the details and progress on the project site and more particularly the list of products addressed in the project.  The new computing newsletter blog will communicate on general items, and in addition, a general presentation will be provided in the Main Auditorium on 10 September at 2.30 p.m. Needless to say, isolated initiatives will waste effort and resources. Instead, if you or your team are willing to participate, if you have ideas, the best way is to join the coordinated Microsoft Alternatives effort by checking the project site and contributing to the discussion channel.  Interesting times ahead! While the Microsoft Alternatives project is ambitious, it’s also a unique opportunity for CERN to demonstrate that building core services can be done without vendor and data lock-in, that the next generation of services can be tailored to the community’s needs and finally that CERN can inspire its partners by collaborating around a new range of products.  Follow the project, get details, join: cern.ch/malt

CERNの本気

欧州原子核研究機構(CERN)は、スイスとフランスの国境にある研究所です。

スパロボとかロボットアニメとかでレールガン電磁レールガンという物体を電磁誘導で加速して打ち出す兵器が登場しますが、これらフィクションの世界に登場する兵器の動作原理であるLHCの実験炉を持つ、世界最大規模の研究所です。

実際にはそれ以外にもヒッグス粒子を発見するなど、物理学での権威とでもいうべき研究所です。1

そんなCERNが特設サイトを作ってまで取り組んでいる取り組みがあります。MAlt(Microsoft ALTernatives/Microsoft代替)です。

CERNがMicrosoftの代替を探すことにしたいきさつ

Microsoftといえば、WindowsとOfficeを販売するイメージが強く、近年ではクラウドサービスAzureも大きな収益源になっていますがそれでもWindowsとOffice(365含む)が一般向けソフトウェアとしては単価が高く、主力製品であることは一目瞭然であることは想像に難くありません。

Microsoftの特定の機関向けの割引ライセンス

一般にWindowsやOfficeは店舗やオンライン販売での価格ではない、様々な割引販売の形態があります。アカデミックライセンスや企業向けのボリュームライセンスが有名ですが、学校(教育機関)やNGO、NPO向けの割引ライセンスが存在します。学校向けの無償Office 365 Educationはこちら。

無償の学校・学生用Microsoft Office 365 | Microsoft Education

有効な学校のメールアドレスを使い、学校および学生はOffice 365 Educationに無料でアクセスできます。 これらパワフルなツールにアクセスし、21世紀の学びや発見が実現しましょう。

また、NPOやNGOといった非営利団体については活動内容によってはこれらの優遇ライセンスを適用できる場合があります。日本では認定NPO法人 日本NPOセンターが運営するTechSoup JapanがMicrosoftを含む高額なソフトウェアの優遇ライセンス販売をしているので、適用できそうであれば活用するに越したことはありません。

ITの力をNPOの力に! ~ソフトウェア/クラウドサービス/パソコン・タブレット/お役立ちツールを特別価格で活用しませんか | TechSoup Japan

CERNもこのMicrosoftの割引ライセンス(academic institution)を利用していましたが、Microsoftからユーザー数ベースの契約に切り替えるよう要求された結果、ライセンス料が10倍以上になってしまい、継続して支払うことが困難になったとのこと。

そこで、Microsoft他の製品を使わずに以下の目標を達成するためにMAltを立ち上げました。

  • 全カテゴリーのCERN関係者に同じサービスを提供する
  • リスクと依存性低減のためにベンダーロックインを排除する
  • データを変わらず保持する
  • よく使われるユースケースに対処する

CERNが選んだ代替案

MALT: Services Alternatives

Services and features replacement investigations.

ステータスはDesign、Evaluation、Prototype、Pilot、Production

サービスと代替プロダクト、状況が一覧になっている表が公開されていて、ステータスとして5種類書かれています。

  • Design(薄い水色) CERNで設計中
  • Evaluation(水色) 用途に適うか評価
  • Prototype(薄い緑) 導入初期
  • Pilot(黄緑) 試験運用
  • Production(濃い緑) 実運用中

恐らくこの順で下に行くほど実運用になっているはずです。以下、(列を調整した)表を掲載します。

サービス代替プロダクト概要ステータス
アカウント管理Account ManagementCERN実装のアカウント管理設計中
リソース管理Authorization ServiceCERN実装のリソース管理試験運用
Kerberos認証FreeIPAKerberosサービス導入初期
LDAPFreeIPALDAP389ベースのLDAPサーバー導入初期
SSO (SAML/OAuth)KeyCloakSSO (SAML/OAuth/OpenID 接続)試験運用
認可機関EJBCA, TCS, Comodo…Certification Authority (Grid, CERN, IOTA…)導入初期
認可認可サービスアクセスコントロールリスト(ACL)/権限のCERN実装試験運用
メーリングリストPush Notifications Serviceメールフィード、情報受信強化のCERN実装導入初期
メールKopanoIMAP/POP/SMTP/ActiveSync試験運用
カレンダーKopano/Indico個人カレンダー試験運用
コンタクトKopanoコンタクト試験運用
タスク管理Kopanoタスク管理試験運用
電話WebRTCCERN実装電話アプリ試験運用
インスタントメッセージ・チャットMattermostチャットとIM実運用中
デスクトップ管理強化されたPCWindows+AD+GPO+CMF実運用中
デスクトップ管理Self Sustained DesktopsWindows OEM / Mac / Linux + Application Management (CERN AppStore)導入初期
アプリ配布CERN AppStoreアプリの管理・カタログ・配布・更新・削除導入初期
Home DirectoriesOwnCloudグローバルホームディレクトリの全プラットフォーム向けのCernBox(CERNブランドのOwnCloud)実運用中
File WorkspacesEOSEOSとCERNBox又はSMB/Fuze/Xroot実運用中
AntivirusAnother Antivirus強化されたPC、defender他の中央管理評価中
Officeアプリ代替オフィスアプリOpenOffice.org/OnlyOffice/LibreOffice評価中
OfficeアプリCodiMD,Reveal他ユースケースに合わせた代替評価中
描画Draw.ioダイヤグラム、フローチャート、処理ダイヤグラム、ワークフロー実運用中
プロジェクト管理MicroServicesユースケースに合わせた代替実運用中
プロジェクト管理JIRA Gantt Chart中規模プロジェクト管理、ガントチャート実運用中
プロジェクト管理DHTMLX Gantt Chart Viewer小規模プロジェクト管理、ガントチャート実運用中
HTMLエディタBlueGriffonHTMLエディタ実運用中
ターミナルサービスGuacamole全プラットフォームでのリモートアクセス試験運用
DatabasesCERN DB OnDemandPostgres、MariaDB他フェイルオーバーとクラスタ機能追加版実運用中
IIS、DFSホスティングOpenShiftコンテナベースのホスティングソリューション実運用中
CMSMicroServicesユースケースに合わせた代替(WordPress、Jekyll、Hugo他)評価中
CMSWordpressBlogタイプのサイトはOpenShift上のWordPress試験運用
CMSJekyllOpenShift上の静的サイト。Hugoも評価中試験運用
CMSMkDocsOpenShift上のドキュメントサイト実運用中
CMSDrupalCMS機能実運用中
CERN検索Elasticsearch整備された検索サービス/ElasticSearch/Invenio実運用中

聞いたことのあるもの、聞いたことのないもの様々ではないでしょうか。

過去にCERNが行っていた開発

なお、CERNは研究機関として有名ですが、ソフトウェア開発でも大変有名で、HTTPとWorld Wide Web発祥の地でもあります。ここではScientific Linuxについてご紹介します。

Scientific Linux(RHEL互換OS)

Scientific Linux

2018年にIBMに買収されたRedHat。1990年代からLinuxディストリビューションとしてRed Hat Linuxを公開していましたが、現在もリリースされているRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をリリースするようになってからはバイナリは売り物として販売する傍ら、ソースを無償公開するというスタンスに切り替わりました。

ソースコードを自分でコンパイルすればRHELと同じ機能のLinuxディストリビューションが作れるので、新バージョンのソースコード公開とともにRedHatの商標を削除してビルドしたLinuxディストロ(RHEL互換OS)を公開する人たちが現れます。CentOSが有名ですが、CERNも米国のフェルミ国立加速器研究所と共同でかつてRHEL互換OSとしてScientific Linuxを公開していました。

2005年2月にRHEL3 Update4をベースにしたScientific Linuxを公開後、RHELのリリースに追随して公開されていましたが、2018年12月にリリースされたScientific Linux 7.6が最終バージョンとなりました。6と7は現在もメンテナンスされていますが、RHEL8以降のバージョンはリリースされないこととなります。

スポンサーリンク


  1. 私は化学のことは多少わかりますが物理はとんと… [return]

comments powered by Disqus